カテゴリー:在学生向け

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、8月13日(水)から8月23日(火)の間、夏季休業、振替休日とさせていただきます。

期間中はご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。

なお、8月24日(水)から通常業務といたします。

日本学生支援機構奨学金 平成28年熊本県熊本地方の地震に係る緊急採用・応急採用の受付について

日本学生支援機構奨学金 
平成28年熊本県熊本地方の地震に係る緊急採用・応急採用の受付について

平成28年熊本県熊本地方の地震により被害に遭われた皆さまにつきましては、心よりお見舞い申し上げます。
平成28年熊本地震により被害を受けた学生に対し、日本学生支援機構奨学金では緊急採用(第一種奨学金)及び応急採用(第二種奨学金)の申込みを受け付けています。下記を参照してください。

また、今回の地震による被害等で授業履修などに支障が出ることが予想される学生は、指導担当教員に相談してください。

【災害救助法の適用地域】

熊本市(くまもとし)、八代市(やつしろし)、人吉市(ひとよしし)、荒尾市(あらおし)、水俣市(みなまたし)、玉名市(たまなし)、山鹿市(やまがし)、菊池市(きくちし)、宇土市(うとし)、上天草市(かみあまくさし)、宇城市(うきし)、阿蘇市(あそし)、天草市(あまくさし)、合志市(こうしし)、下益城郡美里町(しもましきぐんみさとまち)、玉名郡玉東町(たまなぐんぎょくとうまち)、玉名郡南関町(たまなぐんなんかんまち)、玉名郡長洲町(たまなぐんながすまち)、玉名郡和水町(たまなぐんなごみまち)、菊池郡大津町(きくちぐんおおづまち)、菊池郡菊陽町(きくちぐんきくようまち)、阿蘇郡南小国町(あそぐんみなみおぐにまち)、阿蘇郡小国町(あそぐんおぐにまち)、阿蘇郡産山村(あそぐんうぶやまむら)、阿蘇郡高森町(あそぐんたかもりまち)、阿蘇郡西原村(あそぐんにしはらむら)、阿蘇郡南阿蘇村(あそぐんみなみあそむら)、上益城郡御船町(かみましきぐんみふねまち)、上益城郡嘉島町(かみましきぐんかしままち)、上益城郡益城町(かみましきぐんましきまち)、上益城郡甲佐町(かみましきぐんこうさまち)、上益城郡山都町(かみましきぐんやまとちょう)、八代郡氷川町(やつしろぐんひかわちょう)、葦北郡芦北町(あしきたぐんあしきたまち)、葦北郡津奈木町(あしきたぐんつなぎまち)、球磨郡錦町(くまぐんにしきまち)、球磨郡多良木町(くまぐんたらぎまち)、球磨郡湯前町(くまぐんゆのまえまち)、球磨郡水上村(くまぐんみずかみむら)、球磨郡相良村(くまぐんさがらむら)、球磨郡五木村(くまぐんいつきむら)、球磨郡山江村(くまぐんやまえむら)、球磨郡球磨村(くまぐんくまむら)、球磨郡あさぎり町(くまぐんあさぎりちょう)、天草郡苓北町(あまくさぐんれいほくまち)

  • 上記近隣地域で、同等の災害に遭った世帯の学生及び上記地域に勤務し、勤務先が被災した世帯の学生についても、適用地域に準じて取り扱います。
  • 申請方法、適用地域等詳細については、下記リンク先もご確認ください。
  •  

日本学生支援機構ホームページ          http://www.jasso.go.jp/index.html

日本学生支援機構奨学金 緊急・応急採用 災害関連ページ

http://www.jasso.go.jp/about/information/press/1227963_3557.html

学生・保護者のみなさまへ(平成28年熊本地震対応)

平成28年熊本県熊本地方の地震により被害に遭われた皆さまにつきましては、心よりお見舞い申し上げます。
平成28年熊本地震により被害を受けた学生に対し、日本学生支援機構奨学金では緊急採用(第一種奨学金)及び応急採用(第二種奨学金)の申込みを受け付けています。下記を参照してください。

また、今回の地震による被害等で授業履修などに支障が出ることが予想される学生は、指導担当教員に相談してください。

日本学生支援機構奨学金 
平成28年熊本県熊本地方の地震に係る緊急採用・応急採用の受付について

【災害救助法の適用地域】

熊本市(くまもとし)、八代市(やつしろし)、人吉市(ひとよしし)、荒尾市(あらおし)、水俣市(みなまたし)、玉名市(たまなし)、山鹿市(やまがし)、菊池市(きくちし)、宇土市(うとし)、上天草市(かみあまくさし)、宇城市(うきし)、阿蘇市(あそし)、天草市(あまくさし)、合志市(こうしし)、下益城郡美里町(しもましきぐんみさとまち)、玉名郡玉東町(たまなぐんぎょくとうまち)、玉名郡南関町(たまなぐんなんかんまち)、玉名郡長洲町(たまなぐんながすまち)、玉名郡和水町(たまなぐんなごみまち)、菊池郡大津町(きくちぐんおおづまち)、菊池郡菊陽町(きくちぐんきくようまち)、阿蘇郡南小国町(あそぐんみなみおぐにまち)、阿蘇郡小国町(あそぐんおぐにまち)、阿蘇郡産山村(あそぐんうぶやまむら)、阿蘇郡高森町(あそぐんたかもりまち)、阿蘇郡西原村(あそぐんにしはらむら)、阿蘇郡南阿蘇村(あそぐんみなみあそむら)、上益城郡御船町(かみましきぐんみふねまち)、上益城郡嘉島町(かみましきぐんかしままち)、上益城郡益城町(かみましきぐんましきまち)、上益城郡甲佐町(かみましきぐんこうさまち)、上益城郡山都町(かみましきぐんやまとちょう)、八代郡氷川町(やつしろぐんひかわちょう)、葦北郡芦北町(あしきたぐんあしきたまち)、葦北郡津奈木町(あしきたぐんつなぎまち)、球磨郡錦町(くまぐんにしきまち)、球磨郡多良木町(くまぐんたらぎまち)、球磨郡湯前町(くまぐんゆのまえまち)、球磨郡水上村(くまぐんみずかみむら)、球磨郡相良村(くまぐんさがらむら)、球磨郡五木村(くまぐんいつきむら)、球磨郡山江村(くまぐんやまえむら)、球磨郡球磨村(くまぐんくまむら)、球磨郡あさぎり町(くまぐんあさぎりちょう)、天草郡苓北町(あまくさぐんれいほくまち)

  • 上記近隣地域で、同等の災害に遭った世帯の学生及び上記地域に勤務し、勤務先が被災した世帯の学生についても、適用地域に準じて取り扱います。
  • 申請方法、適用地域等詳細については、下記リンク先もご確認ください。

日本学生支援機構ホームページ          http://www.jasso.go.jp/index.html

日本学生支援機構奨学金 緊急・応急採用 災害関連ページ

http://www.jasso.go.jp/about/information/press/1227963_3557.html

以上

平成28年度前期至誠館大学公開授業「現代の日本社会」のご案内

至誠館大学公開授業「現代の日本社会」のご案内

本公開授業の目的は、自己実現――自分の夢さえかなえば、それでよし――を人生の目的に置いている現代の日本社会のあり方を検証し、「将来世代観点」に立ち「公共する」という営為を通じて、これからの望ましい社会のあり方を考えていくことです。
授業では、公共経営の理念を自社の経営で実践している大阪在住のオーナー経営者が、リレー講義の形式で、自分の生い立ちから起業に至る道程、社長になってからの価値観の転換、公共的な理念に基づいた経営実践、そして現在の課題と将来展望について、分かりやすい言葉で熱く語ります。
少子高齢化に直面している萩市の活性化を考えている人、自社の発展を萩市の発展に結びつけようとしている人、あるいは萩で育つ孫の幸せを願っている人などにとって、大変、示唆に富む講義です。
なお、昼食は本学の食堂で食べることができます。

場 所:至誠館大学 3号館(313教室)
日 時:毎週火曜日、3講時(12:45~14:15)
受講料:無料

■ 4月12日  加地 太祐 株式会社 aim 代表取締役

■ 4月19日  古田 寛 株式会社クリーンアップ 代表取締役

■ 4月26日  京谷 忠幸 株式会社ピーエムティー 代表取締役

■ 5月10日  勝谷 仁彦 株式会社アクラム  代表取締役社長

 

お問い合せ・申込み
至誠館大学0838-24-4000

「萩学び応援隊」ホストファミリー募集について

地域学実習で、年2回程度学生と食事をしながら、萩の歴史・文化・伝統・自然や暮らしのアドバイスをしていただける「萩学び応援隊」を募集しています。

萩学び応援隊募集28年度表

 

■対面式・実施日:平成28年4月3日(日)
■場所:至誠館大学 花江会館(旧交流会館)
■当日スケジュール
  10:00~     対面式
  11:00~16:00 各ホストファミリー

■募集数:20人程度(1家庭1~2人程度の受入れ)
■申込締切:平成28年3月25日(金)
■問合せ先:至誠館大学学務課学生生活係 TEL:0838-24-4013
■e-mail:gakusei@shiseikan.ac.jp

萩学び応援隊申込書(Wrod)

萩学び応援隊募集チラシPDF(559kb)

漢城大学校との学術交流に関する協定を改めて結びました

本学と韓国の漢城(ハンソン)大学は、2001年に学術交流協定を結び、以来、交換留学生の受け入れや、短期留学の派遣など相互交流が活発に行われてきました。この度、2015年12月7日に改めて同協定を結びました。
この協定は、両大学相互の自主的権利を尊重し、平等互恵の精神に基づいて教育・学術における協力関係の発展に資することを目的としています。

333-690x487
学術協定書

111

漢城大学校長の署名

 DSC00108
至誠館大学長署名

hanson222

DSC00114

 

2016 年頭所感

新しい大学づくりに挑戦

至誠館大学・学長 原田憲一

萩の歴史遺産が世界文化遺産に登録されました。至誠館大学は、萩の地にあって吉田松陰先生の至誠の精神を受け継ぎ、「至誠通天の心を持って、人類の平和とこころ豊かな社会に貢献できる人間の育成」を大学の理念と定め、人道教育と地域貢献をミッションとしています。

本学は萩の町全域をキャンパスとし、恵まれた自然と歴史的な文化遺産を教材に取り入れて人材育成に努めています。「地域学実習」では新入生全員と全教員とが大型バスに同乗して世界文化遺産と萩ジオパーク候補地等を現地観察しました。また、人道教育に共鳴した大阪のオーナー経営者数十人による「公共経営論特講」では起業体験のリレー講義など特色あるカリキュラムを実施してきました。

28年度は基礎教育に映画鑑賞を導入したり、地域活性化のための野外実習を企画するなど、本学に集う志の高い若者が切磋琢磨して成長できる大学づくりをより一層推進していく所存ですので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

至誠館大学
萩本校キャンパス

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

至誠館大学
東京キャンパス

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る