大学紹介

 建学の理念

世界の平和と経済の安定・人類の福祉向上に貢献できる人材の育成

使命・目的

学生

①社会福祉の増進

様々な環境にある、現代社会に生きるすべての人々が平和で幸せに暮らせるよう、多様な文化に生きる若者とともに、社会正義を追求し、社会福祉の増進を実現するための教育・研究を行う。

②地域貢献

山口県北部及び鳥取県中部に本部を置く唯一の4年制私立大学として、本学を本地域の学習・交流拠点とすること、地域産業の振興と後継者を育成すること、少子高齢化が進む地域の健康維持増進を図ること、以上3つの分野において、関係団体と連携し、教育・研究・実践を行う。

大学機関別認証評価について

認定証

平成16(2004)年から学校教育法によって、すべての大学は7年以内ごとに文部科学大臣が認証する評価機関の実施する評価を受審することが義務付けられています。それぞれの大学が教育研究活動等の質保証を自主的に充実させることを支援するためです。

至誠館大学は、平成22(2010)年度に日本高等教育評価機構により、同機構が定める大学評価基準を満たしていると認定されました。そしてこの度の2度目の評価では、「1.使命目的等」「2.学修と教授」「3.経営・管理と財務」「4.自己点検・評価」の4つの基準について審査を受け、「適合」の判定をいただきました。

次回の受審は、5年後を予定しています。それまでに、教育研究活動のより一層の向上をめざします。

大学校章の由来について

校章

この校章は、あらゆるものの基本となる「円」の中に「人」と「S」をなめらかな曲線で描き、吉田松陰が座右の銘としていた「至誠通天」を表しています。

人間教育、 人材育成
S
SHISEIKAN(至誠館)、SINCERITY(誠実)
和、 完全、 無限

大学紋章の由来について

校章

この紋章はイギリスの紋章学に基づき定めたものです。

小紋章

校章

梅鉢
菅原道真・学問
ふくろう
知恵の神様
知識、学業
校章
至誠通天
中紋章

小紋章を円でかこんだもの。SHISEIKAN UNIVERSITYの文字が入る。

大紋章

中紋章に冠、ガーターベルト、サポーターがつく。ガーターベルトには創基年度(1960年)をローマ数字で表す。校訓である「至誠」の言葉がラテン語で書かれ、サポーターは至誠館大学を支える動物を象徴。

白馬
豊かな実りと健康を司り、先駆けを表す。
白牛
力強さと堅実さを司り、継続を表す。

3つのポリシーおよびキャリアデザインポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

至誠館大学の学士課程教育では、建学の理念及び使命・目的を踏まえ、次に掲げる能力を備えた人材を育成するものとし、本学学則に定める卒業要件を満たした学生に対し、学士の学位(現代社会学)を授与します。

1)知識・理解
  1. 社会学・社会福祉学・経営学等現代社会を理解するために必要な知識と教養を身につけている。
  2. 「子ども生活学」「スポーツ健康福祉」及び「ビジネス文化」の3つの専攻のいずれかに関する専門知識と技術を習得している。
2)思考力・判断力・表現力
  1. 現代社会の課題を科学的にとらえ、論理的な思考や判断ができる。
  2. )現代社会に起こっている様々な事象をエビデンスに基づき分析し、科学的な考察のもと、自らの意見を的確に表現、伝達する能力を身につけている。
3)主体性・多様性・協働性
  1. 至誠通天の心をもち、現代社会の課題に対して真摯に主体的に行動できる。
  2. 多様な社会や文化を理解し、自分と他者とが相互に理解し向上できる豊かなコミュニケーション能力をもつ。
  3. 他者を尊重し、異なった文化や背景のある人々とともに社会や地域に貢献できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

至誠館大学ライフデザイン学部(現代社会学部 令和3年4月1日名称変更)ディプロマ・ポリシーに基づき、学位「学士(現代社会学)」を担保するために、基礎共通科目・専門共通科目・専門科目を体系的に編成します。本学の教育課程編成、実施の方針を以下の通り定めます。

1)教育内容の編成、教育内容
  1. 初年次教育では、多様な入学者が本学での主体的な学びに適応し、4年間を通じた学修の基礎を身につけ、専門教育へ導入することができるように基礎ゼミを主軸として、アカデミックスキルズの修得をめざします。
  2. 基礎共通科目では、現代社会を理解するための科目を配置し、現代社会の課題を捉える多角的な視点を養う科目群を編成します。
  3. 専門共通科目では、「子ども生活学」、「スポーツ健康福祉」、「ビジネス文化」の各専攻での専門性獲得の導入を担う科目群を編成します。
  4. 専門科目では、各専攻の専門分野の体系性に基づいて順次性をもって論理的な思考及び判断ができるよう、学期別に科目を配置します。
  5. 1年次から4年次までゼミ科目を必修科目として配置し、担当教員が年次進行に応じて教育・研究に関する指導を行います。
  6. 様々な協定校留学プログラムを提供し、国際的に通用する人材及び国際感覚を身につける人材を育成します。
2)教育方法
  1. 各科目において、課題・レポート・試験等を課し、フィードバックに努め、シラバスに明記します。
  2. 能動的学修の充実のため、アクティブラーニング、双方向授業等様々な取り組みを積極的に取り入れます。
3)学修成果の評価
  1. シラバスで成績評価基準を明記し、その基準に従って厳格な評価を行うとともに、GPA等に基づく客観的、多面的評価を実施します。
  2. 卒業時にはカリキュラム改善の指標とするため、学生生活全般に対する総括的評価を行い、カリキュラムのPDCAサイクルを推進します。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入の方針)

本学では、日本人及び日本の大学で教育を受ける目的で日本に入国している外国人を対象にして、以下のような人を受け入れます。

1)求める学生像
  1. 社会福祉の増進を志す人
    本学の建学の理念及び使命・目的に共鳴して、人々の健康福祉の増進と安心して暮らせる福祉社会の実現を志す人
  2. 社会貢献を志す人
    本学の建学の理念及び使命・目的に共鳴して、国内外における現代社会の福祉の向上と文化の発展を志す人
  3. 学びに意欲を持つ人
    現代社会の様相について深く理解して、文武両道の修学を通して一人ひとりの自律的・自立的社会生活の実現に貢献できる人
2)入学希望者に要求される資質と学力

至誠館大学では、社会学・社会福祉学系大学として、以下の能力を期待します。

  1. 関心・意欲
    1. 国内外で生じている諸問題に関心を持ち、人々が共に暮らすことのできる社会を創りたいという志を持っていること
  2. 知識・理解
    1. 国内外で生じている諸問題を理解するために必要な基礎知識、すなわち、高等教育の各教科のうちの5教科(国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語)の知識を修得していること
    2. 入学後の読解・表現・意見交換等を可能とする、「国語総合」及び「国語表現」を十分に修得していること(外国人留学生にも同等の日本語力を求めます。)
    3. ボランティア活動や課外活動、異文化交流等の体験を有すること
3)選抜方法

至誠館大学では、「求める学生像」及び「入学希望者に要求される資質と学力」を多面的かつ総合的に評価するために、多様な入学者選抜を実施しています。

  1. 総合型選抜
  2. 学校推薦型選抜(指定校推薦/専門高等学校・総合学科高等学校指定校推薦/公募推薦/指定強化クラブ推薦)
  3. 一般選抜
  4. 大学入学共通テスト利用選抜
  5. 3年次編入学選抜
  6. 社会人選抜
  7. 私費外国人留学生選抜(一般選抜/特別選抜)
  8. 私費外国人留学生3年次編入学選抜

至誠館大学
萩本校キャンパス

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

至誠館大学
東京キャンパス

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る