大学紹介

 学長あいさつ

gakutyo
至誠館大学長
原田 憲一(はらだ けんいち)

至誠館大学の前身は、昭和42(1967)年、山口県萩市に開学した萩女子短期大学であり、母体は、山口県北部および島根県西部における唯一の4年制私立大学として平成11(1999)年に開学した萩国際大学です。平成19(2007)年に社会学・社会福祉学系学部を増設して山口福祉文化大学と名称変更しましたが、萩国際大学の建学の理念「世界の平和と経済の安定・人類の福祉向上に貢献できる人材の育成」は一貫して受け継がれています。

平成26(2014)年4月、幕末の萩の教育者吉田松陰が座右の銘としていた「至誠」をとって至誠館大学に改称し、同時に大学の基本理念を「至誠通天の心をもって、人類の平和とこころ豊かな社会に貢献できる人間の育成」と定めました。現代社会は、もはや物質的な豊かさではなく、精神的な充足感を求めているからです。同時に、大学の使命を(1)社会福祉(=人々の幸せ)の増進、(2)地域貢献と定めました。

(1)社会福祉の増進では、特に人道教育の推進に重点を置き、潜在的な社会的弱者(たとえば、児童養護施設等退所者、発展途上国からの私費外国人留学生、高等教育を必要とする社会人等)をエンパワーして、社会学・社会福祉学系大学として、社会正義を追求し、福祉社会を実現させようとしています。

(2)地域貢献では、山口県北部および島根県西部における唯一の4年制私立大学として、特に本地域の学習・交流拠点として機能すること、および本地域が抱える少子高齢化と人口減少、地場産業の振興と後継者育成、伝統文化の記録・保存等の問題に関する教育研究を通じて、地域住民の健康の維持増進を図るとともに、地域社会を活性化できる人材を育成しようとしています。

「現代の松下村塾」を目指す本学は、美しい萩の市街地を見晴らせる郊外の高台に立地しています。約10万平米のキャンパスは、優れたランドスケープとサウンドスケープに恵まれ、学生の情操を豊かに育んでいます。また、ユネスコ世界文化遺産をはじめとする多くの文化遺産および萩ジオパーク構想候補地である笠山や菊ヶ浜などの多彩な自然に囲まれており、課題解決型の地域学習や野外学習の絶好のフィールドとなっています。

美しい校舎には、それぞれ吉田松陰の著作にちなんだ名前が付けられていて、学生たちは日々の生活の中で自然と東洋思想の一端に触れることができます。教員研究室は広く開放的で、オフィスアワーや卒業研究指導などで学生が自由に集まり、教員と垣根を越えた人間交流を深めています。また、隣接するゼミ室では、通常の少人数ゼミに加えて、各種資格の試験対策講座や自主ゼミ、留学生交流などが行われています。

恵まれた環境下で教員と学生とが切磋琢磨することで、世界に通用する「至誠通天」の志をもった人材を輩出する。これこそが、本学が目指す大学像です。

略歴

  • 山形大学教授
  • 京都造形芸術大学教授
  • 理学博士(京都大学)
2017デジタルパンフレット
入学者選抜要項
至誠館ブログ
資料請求
オープンキャンパス
学部学科紹介
取得可能資格
子ども生活学専攻
スポーツ健康福祉専攻
ビジネス文化専攻
指定クラブ活動
クラブ・サークル活動
奨学制度・学納金について
マイナンバー制度について

〒758-8585
山口県萩市椿東浦田5000
至誠館大学
TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

このページの先頭に戻る