大学紹介

 若手教員インタビュー

学生と共に学びあい、育ちあう若い先生方を紹介します

子ども・家庭の福祉を学び、この社会の在り方を共に考える

山口 季音講師

山口 季音講師

研究テーマは何ですか?

子どもの福祉が専門で、児童養護施設の研究を続けています。児童養護施設とは、様々な事情により家庭で暮らせなくなった子どもが生活する児童福祉施設の一つです。そうした場で、子どもや職員がどのような課題を抱えているのかを調べ、研究しています。
私の研究室にも、子どもの福祉に関心がある学生が集まっています。似た関心を持つ者同士が話し合い、サポートし合いながら学びを深めています。最近では、学生たちが自らの研究を大学の中だけではなく、外部の研究大会の場で発表するまでになりました。

萩の魅力は何ですか?

萩の魅力は、穏やかで落ち着いた雰囲気だと感じています。物事をゆっくり考えるのに適した場だと思います。

受験生の皆さんへメッセージをお願いします。

大学では、様々な人との出会いと学びを通して、自分の可能性を広げることができます。子どもやその家庭の福祉に関心があるなら、ぜひ一緒に学びましょう!

トレーニングは無限の可能性を秘めています

井川 貴裕助教

井川 貴裕助教

研究テーマは何ですか?

大学・大学院時代にトレーニング科学を学びトレーナーとして様々な競技に関わってきました。スポーツ現場以外にも中高齢者運動教室や保育所を経て至誠館大学で勤務しています。これまでの経験を基に、高齢者の健康寿命延伸、保育士・幼稚園教諭の健康増進のための研究および実践を行っています。また、指定強化クラブ共通トレーナーとしても活動しており、各クラブのトレーニング指導を行いながら競技力向上や外傷障害予防のための実践研究にも取り組んでいます。

萩の魅力は何ですか?

萩は山も海も近く、砂浜や坂道でダッシュ、海で泳いでリカバリーなどトレーニングには最適な環境です。運動した後は、萩のおいしい食事で栄養補給ができます。

受験生の皆さんへメッセージをお願いします。

至誠館大学で運動やトレーニングに関する理論を学び、自分のフィールドで実践していきましょう。

たくさんのチャレンジを!

西 博史助教

西  博史助教

研究テーマは何ですか?

スポーツ技術・技術指導に関する研究を行っています。スポーツの中でも特にバレーボール競技を中心に研究を行っています。スポーツ技術を明らかにするためには、スポーツ技術を身につけている選手を対象にする必要があります。私は国際競技大会等の選手の動きをカメラで撮影して、一流選手の動作をスポーツバイオメカニクスの手法と運動学の観点から分析しています。一流選手の共通に見られる傾向や動きを抽出することでスポーツ技術を明らかにします。また、選手の動作を分析し、技術と比較してどのようにしたら選手の競技力が向上するかについても研究しています。

萩の魅力は何ですか?

萩市は伊藤博文、高杉晋作、吉田松陰など近代日本の原動力となった逸材を多く生んだ街です。2015年7月に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」があります。また、伝統的建造物群保存地区もあり、普通の暮らしと歴史的風情のある観光地が一体となっている住みやすい街です。

受験生の皆さんへメッセージをお願いします。

大学での4年間は自分がおもしろいと思うもの、興味・関心があるものを見つけ、それに「チャレンジ」することが出来る期間であると思います。至誠館大学の特徴の一つとして大規模な大学にない教職員と学生との距離の近さが挙げられます。教職員が一体となって学生の「チャレンジ」をサポートします。「チャレンジ」によって身につけたスキルを社会の中で十分に活かせることを願っています。

たくさんの出会いを大切に

岡崎 祐介助教

岡崎 祐介助教

研究テーマは何ですか?

学校の運動部活動です。運動部活動は、これまでに多くの問題が指摘されており、現在も一部解決されないまま学校教育の中に存在し続けています。そのような運動部活動を取り巻く諸問題について考えながら、生徒の自主性や意欲を引き出す指導者のかかわり方について研究しています。また、陸上競技の長距離が専門種目ということもあり、体育授業の持久走や生涯スポーツのジョギングにおける音楽の効果に着目し、音楽聴取が実施者の心や身体、パフォーマンスに与える影響についても研究しています。

萩の魅力は何ですか?

日本海に面した街のため、サーフィンやSUP(スタンドアップパドル)などのマリンスポーツが盛んに行われています。また、海の幸が豊富に獲れるのでグルメになれます。

受験生の皆さんへメッセージをお願いします。

大学の4年間はたくさんの出会いや学びがある時間です。豊かな大学生活を通して自分自身を磨き、大きく成長されることを願っています。

何を考え、何を伝え、何を求めるか

薬師寺 徹助教

薬師寺 徹助教

研究テーマは何ですか?

インターネットを誰でも使えるようになって25年近く経ちますが、文字中心だったネットのコンテンツも、画像、音声、動画、はたまた3次元のVR等を誰もが利用し楽しむ時代になってきています。
インターネット上では誰でも研究者であり、作家であり、そして表現者として活動しています。テレビでもなく、ラジオでもなく、公演会場でもない媒体で、人々は何を考え、何を伝え、そして何を求めているかを研究しています。

萩の魅力は何ですか?

萩本校の近くには、ツーリングの聖地である角島や秋吉台があり、ツーリングやドライブには素晴らしいロケーションです。もちろん、松陰神社や城下町のまちなみや、遊覧船から見る萩は在学中の4年間では味わいつくせない絶景です。

受験生の皆さんへメッセージをお願いします。

大学生は社会人並みの責任感を求められつつ、それと同時に学業に勤しむ学生です。この先に何かを見出すのが学業以外のもう一つの課題です。それをサポートするのが私たちの課題でもあります。

知識を蓄積し、自分の頭で考える

伊藤 陽寿助教

薬師寺 徹助教

研究テーマは何ですか?

沖縄県の歴史、特に沖縄がまだ琉球と呼ばれていた時代の研究をしています。主な研究テーマは、1609年〜1879年までの近世と呼ばれる期間に琉球がおこなった外交戦略や国際関係についてです。
現在の沖縄は、基地を押し付けられるなど日本によって差別的に扱われています。しかし近世の時代において琉球は、隣国である日本や中国と上手くやっていただけでなく、両国の存在なしには国家が成り立たないとし、日中との外交関係を必要不可欠なものとしていました。
それがどうして現在のようになったのかということが、私の主要な関心事のひとつです。

萩の魅力は何ですか?

幕末の歴史ももちろんですが、毛利氏が新たな拠点として建設した近世都市として萩の街を見ることも大変魅力的です。現在でも、当時の町の区画がそのまま残っていますし、毛利氏に関する史跡や寺院、さらには毛利氏に庇護された萩焼なども現存しています。

受験生の皆さんへメッセージをお願いします。

大学で必要とされる力は、とにかく自分の頭で考える力です。そのために常日頃から情報を得てそれらを蓄えておき、いざという時に適切に取り出すための訓練をしておいてほしいと思います。

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 至誠館大学
TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 至誠館大学
東京サテライト教室

TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る