カテゴリー:イベント情報

平成30年度至誠館大学公開授業「地域文化Ⅱ」の受講生募集

至誠館大学は、明治維新150年を記念し、明治維新の原動力となった多くの人材を育てた教育者である吉田松陰に関する調査・研究を行う吉田松陰研究所を設置いたしました。
また、吉田松陰研究所設置を記念し、吉田松陰及び松下村塾が日本の近代化に多大な貢献した事実を学ぶ公開授業「地域文化Ⅱ」を開催し、受講生を下記のとおり、募集します。

日 時 平成30年10月16日(火) 午後2時25分から午後3時55分
以降、毎週火曜日同時間に15回程度
会 場 至誠館大学3号館311教室
内 容 講師: 野村 興兒(至誠館大学学長・吉田松陰研究所所長)
授業計画:松陰の国内遊歴、黒船の来航、密航計画の失敗、野山獄収監、松下村塾の教育、松下村塾の群像、安政の大獄、長州ファイブの果した役割、工部大学校の設立、松下門下生の教育・技術分野での活躍等
詳しい授業内容はこちら
受講料 無 料
定 員 定員10名程度、応募者多数の場合は抽選
申込み

平成30年10月12日(金)までに至誠館大学事務局へ、TELまたはFAX
住所・氏名・年齢・連絡先をお知らせください。

至誠館大学事務局  TEL0838-24-4000  FAX0838-24-4090

 

                  

至誠館大学公開講座「松下村塾と明治維新」の開催について

至誠館大学は、明治維新150年を記念して、松下村塾と明治維新をテーマに公開講座を下記のとおり、開催いたします。

      記

1.日 時  平成30年10月21日(日) 午後1時から午後5時30分

2.会 場  至誠館大学1号館101教室

3.内 容  講演&パネルディスカッション

  

 松下村塾と明治維新チラシPDF(両面2MB)

4.講 師  ○海原(うみはら) 徹(とおる)⦅京都大学名誉教授。1936年山口県生まれ、著書『吉田松陰と

       松下村塾』『松下村塾の人びと』『吉田松陰』(ミネルヴァ書房)ほか多数⦆

       ○三宅(みやけ) 紹宣(つぐのぶ)⦅広島大学名誉教授。1949年広島県生まれ、山口県史編纂明治

       維新部会長。著書『幕末・維新期長州藩の政治構造』(校倉書房)ほか多数⦆

      ○関(せき) 厚夫(あつお)⦅産経新聞東京本社編集局編集委員。1962年大阪市生まれ、著書

       『ひとすじの蛍火―吉田松陰 人とことば』(文春秋新書) ほか多数⦆

       ○瀧井(たきい) 一博(かずひろ)⦅国際日本文化研究センター教授。1967年福岡県生まれ、著書

        『伊藤博文―知の政治家』(中公新書)ほか多数⦆

                ○桐原(きりはら) 健(けん)真(しん)⦅金城学院大学教授。1975年茨城県生まれ、著書『吉田松陰-

        「日本」を発見した思想家』(筑摩書房)ほか多数⦆

5.入 場  無 料(定員300名)

*お問い合わせ 至誠館大学事務局 ℡0838-24-4000

至誠館大学吉田松陰研究所開所記念「和泉流狂言『至誠』公演」

~明治維新150年~
至誠館大学吉田松陰研究所開所記念
   和泉流狂言「至誠」公演

幕末の思想家、吉田松陰をテーマにした狂言「至誠」を下記の日程で公演。

日 時  平成30年6月22日(金) 19:30~20:30

会 場  萩市立椿東小学校体育館

入 場  無料(整理券が必要です。至誠館大学、萩市民館、萩市観光協会で配布)

主 催  「至誠」公演実行委員会

後 援  萩市教育委員会、萩市観光協会、松陰神社

平成30年度至誠館大学入学式を執り行いました

平成30年4月4日(水)至誠館大学 練心場(体育館アリーナ)に於いて「平成30年度至誠館大学入学式」を執り行いました。
入学生の皆様おめでとうございます。

 

祝辞

至誠館大学長 野村 興兒 

新入生のみなさま、ご入学おめでとうございます。

至誠館大学の教育理念は「至誠通天の心を持って、人類の福祉向上に貢献できる人間の育成」です。至誠とは人間ならだれもが持っている「良心」あるいは「まごころ」です。通天とは「天に通じる」、すなわち誰の心にも伝わり、ついには全世界に通じるということです。福祉とは「人の幸せ」です。

21世紀はグローバル化の時代と言われています。IT技術の発達であらゆる情報が瞬時に全世界を駆け巡るようになりました。しかし、同時に激しい社会競争の波が全世界を覆って貧富の格差が増幅され、今こそ福祉の心が求められています。

新入生のみなさまが、歴史ある美しい萩の町全体をキャンパスとする本学で充実した学業生活を送り、世界平和と福祉向上に貢献するという至誠通天の志をもった人材に育っていかれることを祈念して、お祝いの言葉といたします。

 

 

 

平成29年度至誠館大学卒業式を執り行いました

3月23日(金)、至誠館大学 練心場(体育館アリーナ)で、至誠館大学萩本校の卒業式が行われました。
多くの保護者の方々と来賓の皆様のご臨席のもと、51名の学生が本学を卒業し、社会へと羽ばたいていきました。

式典では、原田憲一学長から、卒業生一人ひとりに卒業証書・学位記が授与されました。

卒業生代表挨拶では、ライフデザイン学部 ライフデザイン学科 子ども生活学専攻の道山翔太さんが楽しく充実した大学生活の思い出や新たな出発への決意を述べました。

卒業生代表挨拶
道山 翔太 (みちやま しょうた) さん

記念品贈呈代表
久木田 信哉 (くきた しんや) さん

                

至誠館大学表彰
河根 拓哉 (かわね たくや) さん

一般社団法人日本社会福祉士養成校協会 平成29年度協会表彰
西林 佳人 (にしばやし よしと) さん

社団法人全国保育士養成協議会 会長表彰
道山 翔太 (みちやま しょうた) さん

卒業記念パーティーの様子はブログで紹介しています。

幼児運動教室「つばえるキッズ」体験会開催のご案内

2018年4月から総合型地域スポーツクラブとして「至誠館クラブ」がスタートします。
総合型地域スポーツクラブとは、子供から高齢者まで(多世代)、様々なスポーツを愛好する人々が(多種目)、初心者からトップレベルまで、それぞれの志向・レベルに合わせて参加できる(多志向)、という特徴を持ち、地域住民により自主的・主体的に運営されるスポーツクラブです。

その中のプログラムの一つとして4月から幼児運動教室「つばえるキッズ」が始まります。

つばえるキッズは、以上の3つをねらいとした教室です。4月からスタートするに先立ち、下記日程で体験会を開催いたします。参加人数に限りがございますので、ご希望の方はお早目のご予約をお願いします。

〇開催日程及び内容
以下の日程のどちらか1日のみ参加可能です。
①平成30年3月9日(金)16:00~17:00
②平成30年3月10日(土)11:00~12:00

 

〇場所
至誠館大学 体育館
〒758-0011 山口県萩市椿東浦田5000

 

〇対象
平成30年4月から年中、年長になる幼児
定員:各回15名

〇体験料金
100円(スポーツ保険料) ※当日集めます

 

〇申込方法
参加を希望される方は、至誠館大学企画広報室(0838‐24‐4000)までお電話でお申し込みください

 

その他の開講予定講座

 ・キッズイングリッシュ始めるよ (対象:萩市内の小学3年生)

 ・韓国語講座「生きた韓国語を楽しもう!」 (対象:山口県在住)

 ・シニア対象英語講座「シニアイングリッシュ」 (対象:60歳以上)

キッズイングリッシュを始めるよ!受講者募集

至誠館クラブの一環として「キッズイングリッシュ始めるよ!」を開設いたします。
英語の基礎をたのしく、おもしろく、わかりやすく学べます!

〇対象者
萩市内の小学3年生 15名程度

〇実施日時
平成30年4月9日(月)から月3回の月曜日、午前17:00~18:00
祝日、振替休日、大学休講日はお休みとします。 (平成30年度キッズ開講日カレンダー
なお、8月は休講です。

〇場所
至誠館大学 人和堂

〇内容
本学の英語研究室で開発したオリジナル教材を使い、コミュニケーションの基礎を練習します。英語のゲーム・歌・紙芝居、ピクニックなども行います。

〇講師
福原 慶尚 教授

〇受講料
月2,000円(障害保険料、教材費含む)
3月26日(月) 17時より保護者説明会を開催致します。
説明会終了後、一括(8月分未徴収 22,000円)で徴収します。返金不可。

〇スクールバス利用 希望者(登録制)
明倫小学校(のびのび)前

〇受講申込
募集人数に限りがございますので先着順で定員になり次第終了いたします。

〇お問い合せ
至誠館大学企画広報室
TEL:0838-24-4000 FAX:0838-24-4090

 

その他の開講予定講座

 ・幼児運動教室「つばえるキッズ」体験会 (平成30年4月から年中、年長になる幼児)

 ・韓国語講座「生きた韓国語を楽しもう!」 (対象:山口県在住)

 ・シニア対象英語講座「シニアイングリッシュ」 (対象:60歳以上)

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 至誠館大学
TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 至誠館大学
東京サテライト教室

TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る