イベント

出前講義 学校用

山口県内を中心に、本学教員による『出前講義』を行います。
本講義は、高校生を中心に、一般の方、子育て中の方、福祉の現場の方、小・中・高校の先生方など、幅広く興味を持っていただける内容としております。

学校用 講義一覧

カテゴリ
①子育てに関すること
②スポーツに関すること
③健康に関すること
④福祉に関すること
⑤生活に関すること
⑥教養
No 講師 カテ
ゴリ
講義
1 学長
学長
野村のむら興兒こうじ

 

専門分野
  • 地域学
松下村塾と日本の近代化

松下村塾がユネスコの世界文化遺産に登録されたのは何故か。
塾生をはじめとする若者達が、わが国の工業化にどのように貢献したかについてお話します。

2 教授
国広勝代教授
国広くにひろ勝代かつよ

 

専門分野
  • 幼児教育
子どもの発達と絵本

絵本は子どもにとって身近な文化財です。子どもの発達に役立ついろんな絵本が出版されていますが、絵本を選ぶこと、その絵本を読んであげることには、かなりの感性と知識が必要です。保育現場のエピソードを紹介したり、実際に体験していただいたりします。

3 教授
石川正一教授
石川いしかわ正一しょういち

 

専門分野
  • 美術教育
子ども絵の見方

乳幼児期の子どもの絵について、たくさんの落書きを紹介しながら詳しく説明いたします。
子どもの絵についての相談にも応じます。

4 教授
廣瀬春次教授
廣瀬ひろせ 春次はるじ

 

専門分野
  • 心理学
自分の内面や対人交流の在り方についての気づきを深めよう!

日頃私たちは、人との関わりにおいて用心深くなりすぎて、自分のことを話すことや、感じたことを伝えることに臆病になっているかもしれません。本講座では、グループ活動や自己表現を通して、こころのよろいを脱ぎ、自己と他者への信頼を育むことを目指します

5 ①③
家族の理解と支援

家族は子どもが成長していく重要な環境の一つであり、家族も、家族メンバーあるいは社会の変化に対応して発達していく必要があります。子どもの成長や心身の健康のために、より良い親子関係について考えます。

6 准教授
横山順一准教授
横山よこやま順一じゅんいち

 

専門分野
  • 社会福祉(地域、高齢者)
大学で学ぶということ

高校までの学びと大学での学びは、大きく意味が異なります。大学では何を学ぶのか、何のために学ぶのか、学んだことがどう生かされるのかを知ってみませんか。高校生のうちにどんな準備をしたら良いのか、気づくことができると思います。

7 准教授
umeki
梅木うめき幹司もとし

 

専門分野
  • 障害者福祉
「障害」とは何かを考えよう

「障害」とは、どのような状態やどのようなことを指すのでしょうか? 「障害のある人」には、日常生活の中でどのような困難があるのでしょうか? 障害のある人をひとくくりに考えて良いのでしょうか? また障害を最近では「障がい」や「しょうがい」と表記することが多くなってきましたが、これにはどのような意味があるのでしょうか? みなさんと一緒に「障害」についてしっかりと考える時間を過ごしたいと思います。

8
ソーシャルワーカーって?

ソーシャルワーカーは福祉の専門職でありますが、看護師などの医療の専門職に比べるとあまり知られていません。国家資格として社会福祉士や精神保健福祉士は、ソーシャルワーカーでもありますが、これらの専門職にはどのような役割があり、どのような仕事をするのかを理解していただければと思います。

9 准教授
山口季音准教授
山口やまぐち季音きおと

 

専門分野
  • ジェンダー
  • 子どもの福祉
学ぼう、私たちの周りの福祉
―家庭支援を通して―

いま、福祉や支援が大切といわれています。しかし、多くの人々は自分の周りにどんな「福祉」があるのか知らないことがよくあります。この講義では、家庭に対する支援はどんなものがあるのかを知ることを通して、私たちの日常を支えている福祉の姿を学びます。

10 講師
古根川 円講師
古根川こねがわまどか

 

専門分野
  • 音楽教育
  • 幼児の音楽
美しい日本の歌を歌いましょう

童謡、唱歌、懐かしのヒット曲など日本語の歌を、日本語のもつ美しさを感じながら歌いましょう。発音を意識することでお顔のリフトアップ、美しい姿勢を保つ効果も期待できます。楽しく歌って心も体もリフレッシュ!

11 ①⑥
子どもと遊べる表現活動
-音楽と使ってあそぼう!-

手遊びや身体活動、わらべうたなど音楽表現活動を体験していただきながら、幼児教育・保育のお話をいたします。
将来保育者を目指している中・高生の皆さん!子育て真っ最中のお母さん!子どもの世界を体験してみましょう。

12 教授
岡野亮介教授
岡野おかの亮介りょうすけ

 

専門分野
  • 運動生理学
浸水と不整脈の発現について

身体が水に浸かる(特に全身浸水)とダイビングリフレックスによって、心拍数が低下します。また、時と場合によっては重篤な不整脈が発現する場合もあります。本講義では色々な条件で浸水した場合の心臓反応の特徴を説明し、特に水中事故との関連性についても言及します。

13 助教
岡崎祐介助教
岡崎おかざき祐介ゆうすけ

専門分野
  • 陸上競技
  • スポーツ社会学
スポーツにおける目標設定の方法

みなさんは自分自身のやる気をどのように引き出していますか。やる気(モチベーション)を高める方法はいくつかありますが、その中でも「目標設定」について紹介します。 目標を達成するための道のりを具体的に考え、競技生活を見つめなおしてみましょう。

14
幼児、小学生対象の走り方教室

走ることはさまざまな運動の基本の一つですが、苦手で嫌いという子どもたちはたくさんいます。この教室では、走動作に関連する多様な動きを取り入れ、走ることの楽しさやおもしろさを伝えていきます。また、今の自分よりほんの少し速く走るためのポイントを紹介します。

15 助教
井川貴裕助教授
井川いがわ貴裕たかひろ

 

専門分野
  • トレーニング科学
②③
競技力向上に必要な各種トレーニングの理論・実践

競技力を向上させるためには、筋力、柔軟性、持久力、敏捷性など様々な要素があります。この出前講義では、様々な能力を向上させるためのトレーニングをご紹介します。
講義内容は、相談の上決定いたします。

16 助教
西 博史助教
西にし博史ひろふみ

 

専門分野
  • スポーツ方法学(バレーボール)
  • スポーツバイオメカニクス
バレーボール教室

バレーボールの技術で重要なポイントやボールに力を伝えるタイミングを理解して練習メニューを組めばパフォーマンスは必ず上達します。技術のポイントやタイミングを説明し、技能レベルに応じた指 導を紹介します。また、至誠館大学バレーボール部員とプレーし個人やチームのパフォーマンスの向上を目指します。

17 講師
國木孝治講師
國木くにき孝治たかはる

 

専門分野
  • ライフセービング
  • スポーツ社会学
  • 救急救命
  • 保健体育科教育
  • 野外活動
②③
水辺の安全について(①講話②ICT教育③プール実技)

夏を目前にして、海や川遊び、プール等水辺の安全について、以下①~③のうち、各学校で希望される内容を実施します。
①パワーポイント+プロジェクターを使っての講和。
②ICT学習(新たに開発したICT教材をタブレット等情報通信端末を活用してグループで考えながら学んでもらう学習型の講義)。
③プールで体験学習。
◆時間:60分前後(各学校のご都合に合わせます)
◆対象者:小学生~高校生
◆対象者数:
①~150名
②~40名
③~40名
◆内容:各学校のご都合に合わせ、次の内容についてお話し致します。
①水辺の事故について、水の関わりや特性について、海特有の危険(離岸流)、河川特有の危険、溺れを発見したときの対応、防災教育(オレンジフラッグなど)
②プール活動の事前指導としての安全について、海辺における安全と溺れないための方法について、ほか
③プールの危険について、水への入り方、水からの上がり方、落水時の対応、浮き身姿勢(浮いてまて)、着衣泳、ライフジャケット体験、誰にでもできるレスキュー法(トーク、リーチ、スロー)、プールの監視方法について
◆準備して頂きたい資器材等:
①プロジェクター、スクリーン
②1~6人に1台のタブレット×通信環境
③主催者が持参します
◆ほか:聴講者全員に、(一財)日本ライフセービング協会が発行する「ライフセービングサポーター」修了証を発行することができます(無料)

18 ②③
救急処置法(CPR+AED)

心肺蘇生法とは、意識が無く、心臓の動きも無く、普段どおりの呼吸も感じられないと判断した傷病者に対して、AED(自動体外式除細動器)、及び、胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸を実施する方法です。本講座では、救命救急の現状と心肺蘇生法の重要性、及び、最新のガイドラインについて解説(講義)し、実践(実技)を行います。
◆時間:60分~120分(各学校のご都合に合わせます)
◆対象者:小学生~高校生
◆対象者数:~20名
◆内容:各学校のご都合に合わせ、次の内容について実技指導致します。
①心肺蘇生法って?、②呼吸・循環のしくみ、③心肺蘇生法の理論、④心肺蘇生法実技体験(胸骨圧迫やAED操作など)
◆ほか:受講者全員に、(一財)日本ライフセービング協会が発行する「ライフセービングサポーター」修了証を発行することができます(無料)

19 監督
濱口監督
濱口はまぐち善晴よしはる

 

専門分野
  • 野球
人生設計と野球

高校野球で学ぶことは、将来の人生設計に役立つことが多い。野球に対する考え方を人生の生き様に結び付けていく

20
野球教室

それぞれの年代に応じた野球の技術で重要なポイントや技能レベルに応じた指導を紹介します。また、至誠館大学公式野球部員と一緒にプレーし、野球の本当の楽しさを体感することができる野球教室を実施します。

21 監督
張本監督
張本はりもとしげる

 

専門分野
  • ゴルフ
ゴルフの技術、メンタル指導

20年以上のプロゴルファーの経験を活かし、試合などの緊張した中での技術、ゴルフマネジメント、メンタル等をジュニアゴルファーに伝えたいと思います。

22 准教授
岡田美穂准教授
岡田おかだ美穂みほ

 

専門分野
  • 日本語教育
外国人と話すための日本語

カタコトの日本語を話す外国人に話しかけられたときは、以下のように、できるだけ短い文で答えてあげましょう。外国人:「貸し自転車はどこですか」→日本人:「貸し自転車は駅の前です」、外国人:「○○ホテルはどこですか」→日本人:「○○ホテルはあそこです」。本講座では、様々なケースを通して外国人と話すための日本語をご紹介します。

23
はじめての日本語教育

外国人は動詞の活用の法則をどのくらい覚えなければならないのでしょうか。外国人は格助詞の用法を丸暗記するのでしょうか。日本語教育に必要な「基礎知識」を学んでみませんか。

24
日本語を教えるっておもしろい

外国人に日本語を教える授業ってどんな授業だと思いますか。日本語も英語もわからない外国人学生になったつもりで日本語を教えてもらうという授業を体験してみませんか。

25 教授
李文相教授
文相ムンサン

 

専門分野
  • 国際文化
  • 言語学
韓国の民衆芸能にみえる喜怒哀楽がおもしろい!

韓国の伝統芸能パンソリや仮面遊びには、儒教精神を根本とする朝鮮時代の身分社会で生きた民衆の喜怒哀楽が描かれています。日本の芸能との比較の中で似て非なる異文化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

26
日・中・韓の言語に見える意識の相違

漢字文化圏の日本・中国・韓国では言語構造から人々の考え方や言動意識の違いが見えます。言語を比較しながら異文化への理解を深めます。

27
日本語と韓国語の音韻比較

多くの人が韓国語に興味を持って勉強している。今ではハングルを読める人も多い。ここでは少しでも韓国語に接したことがある人にお勧めしたいです。音韻論をベースに日本語と似て非なる韓国語の秘密をひも解きます。

28
韓国の名付けに見える伝統意識

韓国の子供の名付けには古くからの伝統意識が潜んでいます。隣国の一人ひとりの名前には、あまり知られていない韓国の伝統意識が込められているのです。そんな秘密を覗いてみませんか。

29
ハングルは楽しく覚えられる

ハングルは覚えやすいコツがあります。早い人では一日でハングルが読み書きできます。ハングルが読めると、今見ている韓国ドラマが数倍も楽しくなるでしょう。試してみませんか。

30 准教授
金子壽一准教授
金子かねこ壽一としかず

 

専門分野
  • 情報処理
ドローンをプログラミングして飛ばしてみよう

Scratchは小さい子供でも視覚的にプログラミングを学習できるビジュアルプログラミングツールです。iPad アプリを利用してドローンを飛ばしたり、Scratchでドローンの動きをプログラミングして自動飛行させたりしてみましょう。

31
損益分岐点売上高のシミュレーション

損益分岐点売上高は損益がプラスマイナスゼロになる売上高です。「利益を上げるためにはいくらの売上が必要か」、EXCELを使って損益分岐点売上高をシミュレーションしてみましょう。

32 准教授
清永 克己准教授
清永きよなが 克己かつみ

 

専門分野
  • 英語
楽しく英語を学びませんか

英語はとても難しい言葉だと思っていませんか。本講座では、英語の文の形を知ることで楽しく学べる方法を紹介します。

33 助教
鳥山 稔
鳥山とりやま みのる

専門分野
  • スポーツマネジメント
  • スポーツ消費者行動
スポーツマネジメントとは?

みなさんが実施している、観ている、支援しているスポーツは、誰かによってマネジメントされているものが殆どです。それでは、誰が、どのようにスポーツをマネジメントしているのでしょうか。本講義を通して、スポーツマネジメントへの知識を深めていきましょう。

本講義では”見るスポーツ”に着目をし、プロスポーツなどの実践と研究の両観点からスポーツマネジメントを学ぶことができます。

34
スポーツを「する」「見る」「支える」

みなさんは日ごろスポーツにどのように関わっているでしょうか。毎日スポーツを実施している人もいれば、スポーツをテレビで観戦する人もいるでしょう。また、全く関りが無いと思っている人もいるかもしれません。しかし、いつの間にか自分の行動がスポーツに関わり、貢献していることも少なくありません。本講義では、どのように自分はスポーツに関わっているかを認識し、どのようにスポーツに貢献しているかを学ぶことが出来ます。

このページを印刷する

お申込み方法

※他のテーマを希望される場合は、下記までお問い合わせ下さい。

※ 講師のプロフィールについては、至誠館大学教員紹介をご覧下さい。

お申込みはファックス、メールフォーム、メールからお申し込みください。
お申込み一覧はこちら

至誠館大学
萩本校キャンパス

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

至誠館大学
東京キャンパス

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る