至誠館ブログ

「日韓海峡沿岸観光プランづくり事業」に参加した学生の報告です

2019年10月1日(火)、「日韓海峡沿岸県市道共同交流事業 2019年度日韓海峡沿岸観光プランづくり事業」へ参加した本学3年生の岡田愛衣(おかだ めい)さんから、現地の様子についての報告がありました。

以下、彼女から届いた報告内容です。
 私は今年の8月24日から27日の4日間で日韓海峡沿岸観光プランづくり事業に参加しました。今年は韓国側の主催で韓国へのインバウンド推進に取り組みました。日韓大学生グループでは山口県の学生は慶尚南道への観光プランを作成しました。3日間は慶尚南道でフィードワーク、最終日は作成した観光プランを持って旅行業者や幅広いステークホルダーに向ける発表会を行いました。

まず、フィールドワークの日程を定めるのに、事前に学生が食べたいものや訪れたい場所を考えました。その結果、移動時間や交通費、宿泊場所、ターゲット層などを明確にすることができたのでフィードワークの成果も得やすくなりました。フィードワークはチャンドン芸術村や統営スカイラインリュージュなどに行き、食事はウニビビンバやアナゴ焼きなどを食べました。慶尚南道の魅力を観光プランにどのようにして取り入れるかについて毎日夜遅くまでグループで話し合いました。限られた時間でありとても難しかったけれども、納得のできる観光プランを作ることにやりがいもあり完成した時には大きな達成感がありました。

短い期日ではありましたが、とても刺激的でよい経験をすることができた有意義な4日間でした。

 

3年生による「インターンシップ報告会」が開催されました

10月9日(水)、3年生による「インターンシップ報告会」(共通テーマ:未来へ)が開催されました。
インターンシップの実施期間は8月中旬から9月末までで、一人3日~30日間実施しました。場所は県内のほかに遠くは北海道まで行った学生もいました。学生はそれぞれが自分の将来の進路を考えて企業を選んで体験してきました。発表した内容によれば、企業で実際に働く中で得られた知識や感じたこと、そして今後の課題を発見したことなど、多くの収穫があったことがうかがえました。
学生からは実に生き生きとした体験談が語られ、参加者からは質問も飛び交い、有意義な時間を過ごしました。

1.安藤 香(あんどう かおり)「インターンシップを通しての視野」 萩図書館 
2.家田 心春(いえだ こはる)「農業は判断力とコミュニケーション能力が重要」 美幌みらい農業センター 
3.岡田 愛衣(おかだ めい)「本当の多文化共生とは」 公益財団法人 山口国際交流協会
4.紺藤 怜(こんどう れん)「特別養護老人ホームでのコミュニケーション」 吉祥苑
5.佐野 英五(さの えいご)「チームスタッフと選手の関係からの学び」 レノファ山口FC(プロサッカークラブ)
6.冨加見  萌衣(ふかみ めい)「認知症の利用者と関わって感じたこと」 萩市中津江・福祉複合施設なごみ
7.  村岡 朋也(むらおか ともや)「仕事をしていく上で必要なこと」 萩ケーブルネットワーク株式会社
8. 林  峻奭(イム ジュンソク)「顧客のために動く社員」 (株)田村ビルズ山口小郡店(東京に学籍移動にて原稿のみ)

                         

 

韓国語短期研修プログラムのサマースクールに参加しました

2019年8月8日~21日までの2週間、学術交流協定校のハンソン(漢城)大学で開催された韓国語短期研修プログラムのサマースクールに、本学からは3年生の安藤 香(あんどう かおり)さんが参加しました。

午前は大学内で韓国語と韓国文化の講義を受け、午後は外に出かけて見聞を広める実践勉強をしました。それぞれ興味深い研修内容でした。日韓間は今、両政府の対立で感情的に関係があまりよくないことはありますが、しかしそれは表面上のことであって、実際に韓国では韓国人の多くの方々から暖かく親切なおもてなしを受けました。(安藤 香)

「2019年度日韓海峡沿岸観光プランづくり事業」に本学の学生が選ばれました

今年8月に韓国の4都市で行われる「日韓海峡沿岸県市道共同交流事業 2019年度日韓海峡沿岸観光プランづくり事業」への参加者として、本学の岡田愛衣(おかだ めい)さん(3年生)が選ばれました。         
岡田さんは韓国に1年間留学した経験から、将来は韓国あるいは海外で働く希望をもつ意欲旺盛な学生です。
この企画は、今年8月24日~ 27日までの3泊4日間、日本の大学生(長崎県、佐賀県、山口県、福岡県から各4名)が、韓国の4市道(釜山広域市、全羅南道、慶尚南道、済州特別自治体)の大学生と交流し、両国の各地域資源を活用した観光プランを企画・作成し双方向のインバウンド、交流の促進を目指すものです。
岡田さんは山口県の参加者4名のうちの一人に選ばれました。

「韓国文化交流会」で、韓国のキンパ手作りパーティーを行いました。

5月21日、本学の「韓国文化交流会」で、韓国のキンパ手作りパーティーを行いました。
材料は、キムチ、たくあん、卵、韓国のり、きゅうり、ごま油、チーズ、カニカマ、ごぼう、塩、スパム、ホウレンソウ、ニンジン等。
みんなは初めて自分で作ったキンパを「マシッソヨ!」(おいしい!)と言っていました。(^_-)-☆

 

韓国 漢城(ハンソン)大学校に留学した学生からの便り(3)

韓国に来て6ヶ月経ちました。韓国は想像以上にとても住みやすいです。韓国語がまだままならない私でも不自由なく生活できています。留学してみて、予想外の良い出来事がありました。それは韓国語を通して様々な国の人と関われていることです。漢城大学校の語学堂で中国、ベトナム、ネパールの方々と一緒に勉強をしています。各国のみなさんとは韓国語で話し、それぞれの国の文化や風習などを知ることができるのがとても面白いです。韓国語を上達させてもっと話ができるようになりたいです。
こちらでは、9月に後期の授業が始まります。後期からは韓国語の勉強のみならず、韓国人の方々に混ざって専門科目の授業を受けています。とても緊張しますが、せっかくの機会を大切にしたいです。(家田心春)

(2018年8月7日、漢城大学校に近いカフェーで)

ここにきてからもう半年が経ちました。はじめはなかなか韓国語が通じずに不安でした。しかし漢城大学校にはアンバサダー制度があって、留学生に韓国人の友達と出会う機会を提供したり、手助けできる韓国の学生をつけてもらいます。私は、親しくなったオンニ(姉)が愛情をもって親切に手助けしてくれたので本当に助かりました。寮生活も親しい友人が一人また一人と増えて日々楽しく過ごしています。
私は今、韓国での生活が楽しくて仕方がないくらいです。今では自分の将来が少しずつ変わっていくようにさえ感じられています。これからも、残りの期間頑張りま~す。(岡田愛衣)

 

韓国語短期研修プログラムに参加しました

2018年8月9日~22日までの2週間、学術交流協定校のハンソン(漢城)大学の韓国語短期研修プログラムに、本学からは1年生の厚東千洸(ことう ちひろ)さんと、篠原七海(しのはら ななみ)さんの2名の学生が参加しました。

午前中は、韓国語と韓国文化の講義を受け、午後はバディと呼ばれる助っ人の学生さんと一緒に外に出かけました。実際に買い物したり、名勝地の見学や演劇の鑑賞、軍服試着体験等々を楽しみました。韓国を満喫したあっという間の2週間でした。

 

 写真左 厚東千洸さん、写真右  篠原七海さん

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 至誠館大学
TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 至誠館大学
東京サテライト教室

TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る