至誠館ブログ

韓国 漢城(ハンソン)大学校に留学した学生からの便り(3)

韓国に来て6ヶ月経ちました。韓国は想像以上にとても住みやすいです。韓国語がまだままならない私でも不自由なく生活できています。留学してみて、予想外の良い出来事がありました。それは韓国語を通して様々な国の人と関われていることです。漢城大学校の語学堂で中国、ベトナム、ネパールの方々と一緒に勉強をしています。各国のみなさんとは韓国語で話し、それぞれの国の文化や風習などを知ることができるのがとても面白いです。韓国語を上達させてもっと話ができるようになりたいです。
こちらでは、9月に後期の授業が始まります。後期からは韓国語の勉強のみならず、韓国人の方々に混ざって専門科目の授業を受けています。とても緊張しますが、せっかくの機会を大切にしたいです。(家田心春)

(2018年8月7日、漢城大学校に近いカフェーで)

ここにきてからもう半年が経ちました。はじめはなかなか韓国語が通じずに不安でした。しかし漢城大学校にはアンバサダー制度があって、留学生に韓国人の友達と出会う機会を提供したり、手助けできる韓国の学生をつけてもらいます。私は、親しくなったオンニ(姉)が愛情をもって親切に手助けしてくれたので本当に助かりました。寮生活も親しい友人が一人また一人と増えて日々楽しく過ごしています。
私は今、韓国での生活が楽しくて仕方がないくらいです。今では自分の将来が少しずつ変わっていくようにさえ感じられています。これからも、残りの期間頑張りま~す。(岡田愛衣)

 

韓国語短期研修プログラムに参加しました

2018年8月9日~22日までの2週間、学術交流協定校のハンソン(漢城)大学の韓国語短期研修プログラムに、本学からは1年生の厚東千洸(ことう ちひろ)さんと、篠原七海(しのはら ななみ)さんの2名の学生が参加しました。

午前中は、韓国語と韓国文化の講義を受け、午後はバディと呼ばれる助っ人の学生さんと一緒に外に出かけました。実際に買い物したり、名勝地の見学や演劇の鑑賞、軍服試着体験等々を楽しみました。韓国を満喫したあっという間の2週間でした。

 

 写真左 厚東千洸さん、写真右  篠原七海さん

韓国 漢城(ハンソン)大学校に留学した学生からの便り(2)

漢城大学校での日本語かるた授業に参加

平成30年5月20日、漢城大学校の日本語授業に、ボランティアで参加しました。
日本の文化に興味を持つ学生が多いことに驚きました。(岡田愛衣)


 

金スミさんと再会しました

平成30年5月22日、昨年度前期に交換留学生として本学で学んだ漢城大学校の金スミさんと、キャンパスで再会しました。久しぶりに会った彼女はさらにきれいになっていました。(岡田愛衣)

 

韓国 漢城(ハンソン)大学校に留学した学生からの便り(1)

漢城大学校での留学生活はいたって順調です。
今日、韓国語能力検定1級の修了式がありました。毎日勉強で大変ですが、この調子で上級目指して頑張ります。

 

新年の「英語」はEnglish Cartaでスタート!

平成30年1月19日(金)に、恒例の「英語カルタ大会」が行われました。このカルタは日本人にはちょっと苦手なテーブルマナー(47場面)を題材にしたリスニング教材で、福原教授のオリジナルです。

語り手(学生)は、読み手の英文を聞き、それに対応する「絵札」を取ります。結果は次のとおりです。                                    1位(13枚)川並 勇登さん(子ども専攻1年)2位(11枚)山口 大樹さん(スポーツ専攻1年)                      3位(10枚)桃坂 大樹さん(スポーツ専攻1年) 

左から川並さん、桃坂さん、山口さん    

ありがとう、8年間の英語!

大学2年になると学生は「英語」を学び終えます。平成30年1月24日、中学校からの8年間の思い出を英語でスピーチすることから授業は始まりました。続いてシンポジウム、T.ワイルダーの「OurTown」を読み終え、5人の学生パネリストはふる里とその未来像について意見を述べました。

この日のゲストは前萩市長、野村興兒氏、長年市制に貢献された先生の助言は、学生を引きつけシンポジウムは盛り上がり、8年間の英語を締めくくるのにふさわしい授業となりました。

萩市民の皆様と一緒に福原教授(英語)の講義を受講しました

平成29年11月24日(金)、1930年ノーベル文学賞を受賞したアメリカの小説家シンクレア・ルイスの「Young Man Axelbrod(ヤングマン アクセルブロード)」を題材にして、1年生17名と小説の主人公と同年の63歳の萩市民8名が講義を受講しました。講義内容は、At sixty-three,his work was done. He was not needed and alone:he was ready, it seemed, to die,(63歳のときに仕事が終わり、人と社会と関わりを持たず「いつ死んでもいいと思えた」)というくだりについて話し合い、学生からの質問に対して、参加者が意見を発表しました。

  

 学生からは、「いつまでも元気で生きる道標を見つけながら長生きしてほしい」。「苦労や頑張りと経験を学んだ」。63歳の参加者からは、「若い学生達から学び直しの手掛かりを感じた」といった感想が出ました。

授業の最後に参加者の1人、野村さんの尺八伴奏で「故郷」を合唱し、授業を締めくくりました。
福原教授は、「授業の活性化、多様化という点でとても有意義な授業でした」と、感想を述べられました。
参加者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 至誠館大学
TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 至誠館大学
東京サテライト教室

TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る