至誠館ブログ

韓国 漢城(ハンソン)大学校に留学した学生からの便り(2)

漢城大学校での日本語かるた授業に参加

平成30年5月20日、漢城大学校の日本語授業に、ボランティアで参加しました。
日本の文化に興味を持つ学生が多いことに驚きました。(岡田愛衣)


 

金スミさんと再会しました

平成30年5月22日、昨年度前期に交換留学生として本学で学んだ漢城大学校の金スミさんと、キャンパスで再会しました。久しぶりに会った彼女はさらにきれいになっていました。(岡田愛衣)

 

韓国 漢城(ハンソン)大学校に留学した学生からの便り(1)

漢城大学校での留学生活はいたって順調です。
今日、韓国語能力検定1級の修了式がありました。毎日勉強で大変ですが、この調子で上級目指して頑張ります。

 

新年の「英語」はEnglish Cartaでスタート!

平成30年1月19日(金)に、恒例の「英語カルタ大会」が行われました。このカルタは日本人にはちょっと苦手なテーブルマナー(47場面)を題材にしたリスニング教材で、福原教授のオリジナルです。

語り手(学生)は、読み手の英文を聞き、それに対応する「絵札」を取ります。結果は次のとおりです。                                    1位(13枚)川並 勇登さん(子ども専攻1年)2位(11枚)山口 大樹さん(スポーツ専攻1年)                      3位(10枚)桃坂 大樹さん(スポーツ専攻1年) 

左から川並さん、桃坂さん、山口さん    

ありがとう、8年間の英語!

大学2年になると学生は「英語」を学び終えます。平成30年1月24日、中学校からの8年間の思い出を英語でスピーチすることから授業は始まりました。続いてシンポジウム、T.ワイルダーの「OurTown」を読み終え、5人の学生パネリストはふる里とその未来像について意見を述べました。

この日のゲストは前萩市長、野村興兒氏、長年市制に貢献された先生の助言は、学生を引きつけシンポジウムは盛り上がり、8年間の英語を締めくくるのにふさわしい授業となりました。

萩市民の皆様と一緒に福原教授(英語)の講義を受講しました

平成29年11月24日(金)、1930年ノーベル文学賞を受賞したアメリカの小説家シンクレア・ルイスの「Young Man Axelbrod(ヤングマン アクセルブロード)」を題材にして、1年生17名と小説の主人公と同年の63歳の萩市民8名が講義を受講しました。講義内容は、At sixty-three,his work was done. He was not needed and alone:he was ready, it seemed, to die,(63歳のときに仕事が終わり、人と社会と関わりを持たず「いつ死んでもいいと思えた」)というくだりについて話し合い、学生からの質問に対して、参加者が意見を発表しました。

  

 学生からは、「いつまでも元気で生きる道標を見つけながら長生きしてほしい」。「苦労や頑張りと経験を学んだ」。63歳の参加者からは、「若い学生達から学び直しの手掛かりを感じた」といった感想が出ました。

授業の最後に参加者の1人、野村さんの尺八伴奏で「故郷」を合唱し、授業を締めくくりました。
福原教授は、「授業の活性化、多様化という点でとても有意義な授業でした」と、感想を述べられました。
参加者の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

オーバーナイトイングリッシュ(英語合宿)が行われました

読書週間初日の平成29年10月27日(金)に、718教室で5名の学生が福原教授を囲んで短編「手袋」(R.U.Joyce:The Glove)の原書を一夜で読み切る「オーバーナイトイングリッシュ(英語合宿)」が行われました。

輪読の合間に、学生たちは夜食のBLTサンドを食べながら、「The Eddy Duchin Story」 ビデオを鑑賞したり、夜空の‘the evening star’(金星)を見たりしてくつろいでいたようです。

「原書を一気に読み通すことで、外国文学に親しみ、原書を読む楽しさを学生に体験させたかった」と福原教授が感想を述べられています。

参加した学生の声をご紹介します。(写真左から)

●川並 勇人さん(子ども生活学専攻1年):参加するまでは不安だったが、実際にやってみると楽しかった。
●村岡 朋也さん(ビジネス文化専攻1年):時間が短く感じられるくらいすばらしかった。
●久保田 健太さん(子ども生活学専攻2年):仲間と楽しくできて良かった。
●谷口 知希さん(子ども生活学専攻2年):普段の授業と違い、長い時間だったので英語の勉強の幅と深みを学んだ。
●菊竹 和真さん(子ども生活学専攻2年):福原先生と時間を共有できてよかった。

オーバーナイトイングリッシュ、お疲れ様でした!

韓国 ハンソン(漢城)大学での語学研修報告会がありました

平成29年10月6日(金)、本学825教室にて、学術交流協定校の韓国 ハンソン(漢城)大学のサマースクール(夏季短期留学)に参加した学生の語学研修報告会がありました。

 【 語学研修参加学生 】

 家田 心春(いえだ こはる)さん(1年) 「初めての海外研修」

 今井 みう(いまい みう)さん(1年) 「あっという間の2週間」

 岡田 愛衣(おかだ めい)さん(1年) 「韓国に行って」

このページの先頭に戻る