至誠館ブログ

至誠館クラブ設立1周年イベントについて(御礼)

 11/16㊏、17㊐に至誠館クラブ設立1周年記念イベントを開催いたしました。

16日にはアテネ・北京オリンピック柔道女子63㎏級で2大会連続金メダルを獲得された谷本歩実さんの柔道教室と講演会。17日は『親子運動あそび教室』、『アーチェリー体験会』、『eスポーツ大会』を実施しました。いずれも多くの方にお越しいただき大変盛り上がりました。

当日参加していただいた地域のみなさま、開催にあたりご協力いただいたみなさまに心から御礼申し上げます。

至誠館クラブでは、これからも地域の皆さまに楽しんでいただけるようなスポーツ・文化活動の企画をしてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

至誠館クラブ運営スタッフ 一同

 

谷本先生による柔道教室の様子

井川先生(至誠館大学教員)による親子運動あそび教室

アーチェリー体験会の様子(※講師 やまぐちジュニアアーチェリークラブ)

eスポーツ体験会の様子

「総合人間学Ⅰ・Ⅱ」の一コマ

 今日紹介するのは、一年次開講科目の「総合人間学Ⅰ・Ⅱ」です。
 「総合人間学Ⅰ・Ⅱ」は、映画を教材として登場人物の生き方や人生観を、今の自分自身に生かしていこうという講義です。私たちの人生は1つですが、映画の登場人物の目線でその体験を追体験することで、いくつもの人生を体験することができます。娯楽としての映画ではなく、学びとしての映画として、講義に導入しているわけです。
 今日の講義で取り上げた映画作品は「クールランニング」(1993年)です。南国ジャマイカがウインタースポーツのボブスレー競技に出場する!?というコメディ映画ですが、逆境に立ち向かう姿、ジャマイカ人としての誇りを再確認する姿を学ことができます。


 講義では、映画を観た後、受講生全員でディスカッションを行います。どういう感想を抱いたのかをグループで発表しあい、共通のテーマを見つけ出し、さらにそのテーマを掘り下げていくことをやっています。グループが違えば、出てくるテーマも違ってきます。夢や希望について語り合ったグループもあれば、ジャマイカ人の誇りについて語り合ったグループ、努力することの意味について掘り下げたグループもありました。

意見交換のあとはグループごとに発表してもらいました。映画を通して自分の人生を振り返ってみて、「自分だったら〜」、「こういう場面に自分が今後遭遇することがあったら〜」という思いを確認することができたようでした。

子ども生活学専攻卒業研究中間発表会開催

10月26日(土)、子ども生活学専攻の卒業研究中間発表が保育実習室において開催されました。当日は4年生10名による発表がありました。卒業研究は4年生にとって卒業するための最終関門です。学生たち一人一人が、興味や関心を持った研究課題に取組み、今回は、その途中経過を発表しました。

発表会では、先生方からの質問や指摘だけでなく、学生たちからも多くの質問が積極的に行われ、参加した全員が真剣そのものでした。学生にとっては、今回の発表会が卒業研究完成に向けての良い刺激になったことでしょう。


4年生のみなさん完成を目指して、もうひと踏ん張りしましょう。

 

 

福賀小放課後子ども教室「ハンドベル体験教室」

小学校が夏休みの間、放課後子ども教室として「ハンドベル体験教室」を開催しました。
至誠館大学サークルMCL(Music Communication Lab.)音楽奏で隊のメンバーが先生役として行かせていただきました。

月7日、8月21日の2日間練習し、8月28日は成果発表会を高齢者福祉施設いらお苑にて開催しました。
参加してくれた小学生は全員ハンドベルに触れるのは初めてでしたが、一生懸命に取り組んでくれました。「楽しかった」とキラキラの笑顔で終了しました。


  8月7日初回 ドキドキの対面式

 


たくさん、楽しく練習しました!

会場の皆様、あたたかい拍手ありがとうございました。
小学生だけでなく大学生にとっても多くの学びとなりました。
ご協力くださった全ての方々に感謝いたします。

医療や福祉が必要になっても安心した生活を送るために!

2019年10月25日(金)萩・明倫学舎において 「医療や福祉が必要になっても安心した生活を送るために ! 」 をテーマに、子ども生活学専攻の梅木幹司准教授が講師として、後期第2回目の地域公開講座を開催しました。
今回は、高齢者を取り巻く状況や医療や福祉制度の歩みを示した上で、今後、地域住民がどのような考えや意識を持つことで、医療や福祉が必要になっても安心した生活を送ることができるのかという内容でした。

参加いただいた方からは、「このような話しを多くの人に聞いてもらい、地域医療や地域福祉のあり方を自分の生活に引き寄せて考えることが必要である。」との貴重な感想をいただきました。

至誠館クラブカップ(eスポーツ:ウイニングイレブン2020)申込について

総合型地域スポーツクラブ 至誠館クラブでは、11月17日(日)に至誠館クラブカップ(eスポーツ大会)を開催します。
ゲームタイトルは「ウイニングイレブン2020(PS4)」です。

申込を開始いたしますので参加を希望される方は電話またはメールにてお申込みください。
なお、申込に関してましては下記リンクから開催要項をご確認いただきますようお願いいたします。

当日は入場料無料ですので観戦のみの方も大歓迎です。会場では「ぷよぷよeスポーツ」の体験会も実施しています。
みなさまのご参加をお待ちしております。

申込先・問合せ先
至誠館大学事務局 TEL:0838-24-4000 MAIL:s.club@shiseikan.ac.jp

ウイニングイレブン2020至誠館クラブカップ開催要項

「日韓海峡沿岸観光プランづくり事業」に参加した学生の報告です

2019年10月1日(火)、「日韓海峡沿岸県市道共同交流事業 2019年度日韓海峡沿岸観光プランづくり事業」へ参加した本学3年生の岡田愛衣(おかだ めい)さんから、現地の様子についての報告がありました。

以下、彼女から届いた報告内容です。
 私は今年の8月24日から27日の4日間で日韓海峡沿岸観光プランづくり事業に参加しました。今年は韓国側の主催で韓国へのインバウンド推進に取り組みました。日韓大学生グループでは山口県の学生は慶尚南道への観光プランを作成しました。3日間は慶尚南道でフィードワーク、最終日は作成した観光プランを持って旅行業者や幅広いステークホルダーに向ける発表会を行いました。

まず、フィールドワークの日程を定めるのに、事前に学生が食べたいものや訪れたい場所を考えました。その結果、移動時間や交通費、宿泊場所、ターゲット層などを明確にすることができたのでフィードワークの成果も得やすくなりました。フィードワークはチャンドン芸術村や統営スカイラインリュージュなどに行き、食事はウニビビンバやアナゴ焼きなどを食べました。慶尚南道の魅力を観光プランにどのようにして取り入れるかについて毎日夜遅くまでグループで話し合いました。限られた時間でありとても難しかったけれども、納得のできる観光プランを作ることにやりがいもあり完成した時には大きな達成感がありました。

短い期日ではありましたが、とても刺激的でよい経験をすることができた有意義な4日間でした。

 

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 至誠館大学
TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 至誠館大学
東京サテライト教室

TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る