至誠館ブログ

萩・明倫学舎において後期地域公開講座(第10回)開催!

令和1年12月9日(月)、萩・明倫学舎において、「外国人と話すための日本語」をテーマに、ビジネス文化専攻の岡田美穂 准教授が地域公開講座を開催しました。

萩市に観光に来てくれた外国の方と話すための「やさしい日本語」を紹介するための講座です。講座では、カタコトの日本語を話す外国の方と話す際には以下のような点に注意することを示してもらいました。
(1)「西回りバスの晋作くんは城下町を中心に行って、それから大照院にも回ります」は「このバスは城下町へ行きます。このバスは大照院も行きます」のように1文の長さを短くすること。

(2)「すぐそこです」(あいまいな表現)は「5分です」のように分かりやすい表現に言い換えて使うこと。

参加者の皆さんはペアになって「やさしい日本語」を練習し、最後には「松下村塾」や「笠山」など萩市の観光地について「やさしい日本語」で説明できるようになっていました。

 

 

(おまけ)クリスマス子どもフェスティバルの舞台裏

昨日行われたクリスマス子どもフェスティバルの舞台裏、つまり準備の様子について、ちょっとお見せしたいと思います。

学生リーダーの4年生・渡辺くんがみんなを引っ張ってくれました。
渡辺くんを支えてくれるのも同じ4年生たち。チームワークですね。

みんなで飾り付け。
子ども生活学専攻の先生のお子さんも手伝ってくれています!!ありがとう!!!

横断幕もみんなで貼ります。

準備していた学生さんと目があってしまいました。

大きなクリスマスツリーもバランスを取りながら、キラキラに飾り付けしています。
おっとっと、ツリーがかたむいちゃった!?

イベントが始まる前に、おにぎりで腹ごしらえです!
しそわかめのおむすびが美味しい♪

サンタつっきーとトナカイけんた。
「フェスティバルが待ちきれないよ〜!!」とワクワクしています!

来年の開催も楽しみにしていてくださいね!本当にありがとうございました。

今日(12月21日)、クリスマス子どもフェスティバルが開催されました!

つい先ほど、クリスマス子どもフェスティバルが終わりました。
その感動が冷めやらぬ前に、その様子をブログでご紹介したいと思います。

このクリスマス子どもフェスティバルは、子ども生活学専攻が主催するイベントです。
「グーチョキパーでなに作ろう?」の手遊びから始まり。。
クリスマスにちなんだものがいっぱい見つかりました!

手品で楽しむエプロンシアターで盛り上がり!
シルクハットの中から何が出てきたのかな?

ダンス部アバンセによる格好いいダンスでビシッと決め!
クールな音楽とキレの良いダンスに目が離せません!

会場の子どもたちとみんなでパプリカ!
みんな、ノリノリ♪

オペレッタでは、かわいい振り付けでサンタさんを待ちわびていたら。。。

サンタさんとトナカイが、、、

きたーーーーーー!!!!

サンタさんはみんなにプレゼントを配ってくれたよ。
何がもらえたのかな?うれしいね!!

サンタさんもノリノリで踊っちゃう。
ヘーイ!!

紙しばいと絵本の読み聞かせで、楽しいひとときを過ごすことができました。
どんなお話なのか、気になっちゃいますね!!

第60回 中・四国保育学生研究大会における研究発表

令和元年1130日(土)、第60回中・四国保育学生研究大会(於:就実大学)において子ども生活学専攻3年生の藤池豊さんが研究発表を行いました。

性教育に関する絵本の内容を人権の観点から考察した研究で、質疑応答や講評ではその課題設定の重要性が評価され、今後の発展に向けた貴重なアドバイスを頂きました。

萩城下町マラソンのボランティアに参加

12月8日(日)に第20回維新の里 萩城下町マラソンがあり、本学の指定強化クラブに所属する学生約100名がボランティアとして参加しました。
硬式野球部は給水係や道路監察係、女子バレーボール部はフィニッシュ後のランナーに記録証を発行・配布する記録係、ゴルフ部はスタート前の給水係を担当しました。
特に、今年は20回の記念大会として2回のもちまきがあり、ゴルフ部員はもちまき要員としても頑張りました。
萩城下町マラソンは1000人を超えるボランティアで成り立っています。至誠館大学の学生も毎年さまざまな部署で活躍しています。

参加したランナーのみなさまお疲れ様でした。また来年もお待ちしております。

ゴルフ部によるスタート前の給水所の様子

女子バレーボール部による記録証発行の様子

萩城下町マラソン アンケート調査を実施

2019年12月8日(日)、第20回 維新の里 萩城下町マラソンが開催されました。
今年もスポーツ健康福祉専攻の岡崎ゼミの3年生、4年生を中心に、ランナーへのアンケート調査を実施しました。

至誠館大学がアンケート調査を担当するようになって今年で4年目です。
集計した結果は報告書として大会HPからご覧になれます。
(2019年度版は大会HP開設の関係上、2020年5月~6月あたりにご覧になれます)

大会に参加されたランナーのみなさまお疲れ様でした。
来年もみなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

本学3年生が山口県韓国語弁論大会に出場

令和元年11月30日(土)に下関で開催された「山口県韓国語弁論大会」に、本学の3年生、家田心春(こはる)さんが出場し奨励賞を授与されました。テーマは「韓国留学を終えて」です。
家田さんは2018年3月からの1年間、韓国ソウルのハンソン(漢城)大学校に留学しており、その時の経験をもとにした発表でした。応援に駆けつけた友人たちと萩に帰り、みんなで和気あいあいのひと時を楽しみました。

  

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 至誠館大学
TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 至誠館大学
東京サテライト教室

TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る