至誠館ブログ

萩市福栄 地域活性化支援(夢プラン)での交流のため 至誠館大学学生が試作品を作ってみました

平成28年6月25日(土)、地域貢献の一環で、萩市福栄地域の地域活性化支援交流会が行われ、「社会福祉援助技術論Ⅲ」を履修している学生11名が参加しました。
今度は、福栄の特産を学生目線でアレンジした料理でもてなそうと計画し、平成28年7月12日(火)学内の調理室でいろいろな試作品案を班に分かれ作ってみました。

横山准教授と参加学生。
7-12-1

【ほうれん草を使った料理】
 IMG_6366 

さあ、焼いてみます。
IMG_6368

完成!おいしそうな「ほうれん草マフィン」ができました。
IMG_6397

ほうれん草たっぷりのスムージーも完成!

IMG_6405

【大根を使った料理】

電子レンジで大根を柔らかくし、豚肉に塩コショウをして巻いていきます。

IMG_6392

焼いてニンニク風味の聞いたタレを付けて完成です。

DSC_1306

とてもいい匂いに包まれました。

DSC_1309

そして余った大根をパウンドケーキの中に入れ、レモンを飾り焼きました。

IMG_6395

はちみつを上からかけて完成。

IMG_6408

【かぼちゃときゅうり、トマトのを使った料理】

かぼちゃは「かぼちゃのミルクジャム」に変身しました。
IMG_6373

トマトはゼリーに混ぜて「トマトクリームチーズケーキ」に。

IMG_6391

色合いもとてもきれいなケーキとなりました。

DSC_1305

きゅうりの砂糖漬けに挑戦!

IMG_6403

すべて完成しました。
子ども生活学専攻の先生方にも意見を頂くために食べて頂きました。

DSC_1313

各班でどんな材料で作ってあるか説明し、試食会開始。

IMG_6413

口々に「おいしい」、「こうしたらいいよ」など、たくさんの意見を交しながらの試食会となりました。

DSC_1333

IMG_6417

IMG_6418

  IMG_6416

もう少し手を加え、萩市福栄地域のみなさんに喜んでもらえるようにしていきたいと学生たちは張り切っていました。

萩市福栄地域の地域活性化支援交流会が行われました

平成28年6月25日に地域貢献の一環で、萩市福栄地域の地域活性化支援交流会が行われ、学生11名が参加しました。参加した学生は「社会福祉援助技術論Ⅲ」他の受講生達です。横山准教授による夢プラン(住民地域活動計画)の説明の後、地域住民の皆さんと一緒に料理を作り、ご飯を食べ、地域の色々な話を伺うことができました。地域の皆さんからは「若い人たちとこうやって楽しく話ができて、本当に嬉しい。またこういう機会があると嬉しい。」と声をいただきました。学生からも「いつもの学生生活では味わえないことができて、本当に楽しかった」と感想がありました。
今度は、福栄の特産を学生目線でアレンジして、地域の皆さんに提案してみたいと考えており、現在は、学内で試作中です。

20160625a
横山准教授による夢プランの説明の後、住民の皆さんと一緒に料理を作り、交流を深めました。

20160625b
今回のメニューは、竹の子の炊き込みごはん、豚汁、お漬物、色々な燻製です。

20160625c
参加してくださった地域の男性陣が張り切って作ってくれた燻製です。

熊本地震義援金の贈呈式を行いました

4月14日発生の熊本地震で被災した学生のため、本学の学生有志が学内で募金活動を行いました。活動の結果、学生や教職員の皆様から63,700円の募金が集まり、6月15日(水)に贈呈式が行われました。

贈呈式では、学生有志代表の2年生 丸山北斗君から、熊本県出身学生代表の4年生 齋藤 文哉君へ、募金が手渡されました。

IMG_0500

写真 左から 4年生 齋藤君、2年生 丸山君、原田学長

 

学生有志代表 ビジネス文化専攻2年生 丸山 北斗君のことば

「被災者の気持ちを考えながら一生懸命募金活動を行いました。少しでも熊本復興のための資金になればよいなと思っています。この場をお借りして、贈呈させていただきます。」

熊本県出身学生代表 建築システム専攻4年生 齋藤 文哉君のことば

「今回は、このような形で支援をしていただき、ありがとうございました。熊本出身の学生全員で話し合った結果、募金の全額を熊本県社会福祉協議会に寄付することに決めました。まだまだ復興には時間がかかりますが、私たちにできることをこれからもしていきたいと思います。本日はありがとうございました。」

 

5月18日に行われた募金活動の様子です。

福原先生特製のチャリティ石焼き芋を学生が販売し、この収益も募金にあてられました。

IMG_0108

本館事務局にも、学生有志の皆さんがチャリティに訪れました。

IMG_0111

皆さまのあたたかいご協力ありがとうございました。

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

萩市をフィールドに地域学実習が行われました

平成28年5月21日(土)新入生を対象に「地域学習」が行われました。
地域学実習は、地方の小都市に立地している本学の特色を活かして、大都市にある大規模校では学びにくい「地域学」を、萩市をフィールドにして歴史・文化・生活などの体験的に学び、卒業後に「町おこし」「地域づくり」の分野で活躍するための基礎力を養うことを目的としています。

DSC00224山口県立萩美術館・浦上記念館で「アール・ヌーヴォーのガラス」を見学。

DSC00237萩市立図書館にて館内の案内や萩図書館ライブラリーセッション(講演・懇談会)の参加についての案内・図書カードの発行などがありました。

DSC00246学長先生からも様々な図書の紹介や萩の歴史等についても説明がありました。

 

 

 

応急処置法の講義で心肺蘇生法の実習が行われました

5月18日(水)に応急処置法の講義の一環で、心肺蘇生法の実技講義が行われました。
最新のガイドラインに沿った説明の後、気道確保、人工呼吸、胸骨圧迫(心臓マッサージ)、AEDの使用などの実技があり、学生は真剣な表情で取り組んでいました。
この応急処置法の講義では、JLA(日本ライフセービング協会)が認定発行するBLS(CPR+AED)資格が取得可能で、今回の講義で学生達は資格を取得することができました。※BLSとはBasic Life Support(一次救命処置)の略です。
救命に対する意識が高まる貴重な講義となりました。

DSC00574
胸骨圧迫(心臓マッサージ)の方法を説明する國木孝治講師
DSC00586
学生達も実際のケースをイメージしながら真剣に実技を行っている様子でした。

公開講座「骨づくりの話」が明木公民館にて開講されました

平成28年5月16日(月)、明木公民館にて岡野亮介教授による公開講座「骨づくりの話」~生活習慣が骨強度へ及ぼす影響~が開講されました。受講された48名の市民の皆様は、健康な生活を送るために、生活習慣や加齢による体の変化などが骨強度に及ぼす影響などについて理解を深めました。

IMG_4050

IMG_4061

講座の後半には、骨密度を高めるために有効な運動も体験して活気のある講座となりました。

多数の皆様にお越しいただき、ありがとうございました。

社会福祉援助技術Ⅰの現場実習報告会が行われました

平成28年5月12日(木)に社会福祉援助技術Ⅰで「利用者理解とニーズキャッチ」を共通テーマとした、現場実習報告会が行われ学生が体験した出来事や今後の課題等について充実した内容の発表がありました。

DSC00479現場を体験した学生は引き締まった表情で実体験を発表していました。「施設の利用者さんとの関わり方に最初は戸惑った」など大変だったようですが、収穫の多い実習だったことが伺えました。

DSC00480各発表後には質疑応答が行われ、難しい質問にも答える事がさらに学びに繋がるという報告会になっていました。

〈実習先〉
金子里緒さん (社会福祉法人ふたば園 子ども発達支援センターからふる)
濱野未夢さん (社会福祉法人ふたば園 子ども発達支援センターからふる)
竹田周平さん (社会福祉法人ふたば園 障害福祉サービス事業所なないろ)
田坂亮太さん (社会福祉法人萩市社会福祉事業団 萩市特別養護老人ホームかがやき)
浦田由香さん (社会福祉法人萩市社会福祉事業団 萩市中津江デイサービスセンターなごみ)
勇孝幸さん   (社会福祉法人萩市社会福祉事業団 救護施設つばき)

 

至誠館大学
萩本校キャンパス

〒758-8585山口県萩市椿東浦田5000 TEL:0838-24-4000(代)
FAX:0838-24-4090

至誠館大学
東京キャンパス

〒170-0014東京都豊島区池袋1-13-18 TEL:03-6907-0858(代)
FAX:03-6907-0857

このページの先頭に戻る